深く潜れ

君のReality 君のAbility

カラフト伯父さん 観劇の前に

やっと近所のスーパーで、アーモンドキャラメルポップコーンを見つけたので買ってみた。美味しいねこれ。でも値段と袋の大きさの割に中身が少ないわー。
おじゃんぷがCMしてなかったら買ってないと思う。Hey!Say!JUMPには経済効果があると世間に知らしめたい。だからCMもっと流してくださいお願いします。
あんまりテレビ見ないせいかもしれないけど、まだ2回しか見てないよ。

昨日から、伊野尾慧主演舞台「カラフト伯父さん」東京公演が始まった。
ど新規にわかオタの私。ジャニーズのライブは怖いところだとなぜか思い込んでいる私にとって、このタイミングで伊野尾ちゃんに舞台のお仕事をさせてくれた関係各位には頭があがりません。
去年から好きになって、こんなに早く生の姿を見られる日が来るなんて…山ちゃんや裕翔に遮られることなく伊野尾ちゃんだけを見られるんだ…。+゚(*ノ∀`*)。+゚
なんて浮かれポンチになっていましたが、不安要素もあって。まず、主演なんて大丈夫?まだ早くない?と思ってしまった。
しかも、阪神大震災が題材。テーマが重い。神戸弁。yahoo検索すると「神戸弁 かわいい」と候補が出る。いや、伊野尾慧が話したら埼玉弁だってかわいい。話が脱線した。

去年放送してたドラマ、なるようになるさ。シーズン2だけど、長ゼリフの多い独特の脚本のせいかもしれないけど、お世辞にも伊野尾ちゃんの演技は上手くないと思っていた。特徴的な声のせいか、ふだんから芝居がかった話し方に聞こえるせいか、「演技してます!」風の演技だと思っていた。私は伊野尾ちゃんを愛でるためだけにドラマを見ていたといっても過言ではない。先生ごめんなさい。

初日観劇した方のTwitterでは、伊野尾担の欲目もあるかもしれないけど、伊野尾くんの演技良かったという内容が多かった気がした。チケット入手した時とは、別の意味で覚悟して観賞しなければと思う。

舞台なんて、課外授業で観賞して以来。何着て行こうかな。
パンフレットは買おうと思っていたけど、ポストイットって、何故。記念に絶対買う。