深く潜れ

君のReality 君のAbility

最近のHey!Say!JUMPについて思うこと

最近すっかりナリをひそめていたおじゃんぷちゃん可愛い芸人ですが、ゆるオタなりに追いかけていたよという話。

 

一応断りを入れておくと、これは担降りブログではない。誰が決めたかわからない担当制度に言及するつもりはなかったけれど、ジャニオタ文化にあこがれる身としては乗っかった方が楽しそうだから、自分なりに担当について本気出して考えてみた結果だ。

便宜上、伊野尾担やJUMP担と名乗ることはあっても、私は伊野尾担でもJUMP担でもなかった。ファンクラブには入会していないから公式に「好きなメンバー」を申請していない。積極的に彼らに会いに行こうと(ストーキングじゃなくてコンサート申込とかね)したこともほぼない。

綺麗なものを少し離れて見ているのが私にとってのJUMPとのちょうどいい関係なのだと思う。だから担当という言葉を使うのは違う気がした。

 

話をもどそう。最近のおじゃんぷちゃんについて。

  • バラエティでぐいぐい来ない。全員ゆとり世代で争うのが好きじゃないタイプばかりだからなのかな。ゲスト出演だと本当に顕著だと思う。
  • 感想を書く前に終わってしまったドラマ、書店ガール。期待してなかったけど、本当につまらなかった。まゆゆの服装が色使いだけ攻めてるちょっと前のキャンキャンOLぽくて好きだったという、どーでもいい感想だけど。
  • 格差について。実はアルバムを聴く前に、山ちゃん&圭人のユニット曲がほぼ山ちゃん曲だと聞いてしまい、正直がっかりした。全員平等にとは言わないけれど、普段歌割の少ないメンバーにも見せ場ができるのがユニット曲の醍醐味だと思っていたから。やぶひか大ちゃんの組はメインでも脇でも歌えるメンツが揃っていて、最近干され気味だった薮くんにスポットを当てたのはとてもよかったと思う。ただ、私は彼の声質が苦手だ。
  • そろそろ年上の人妻と不倫する歌とか歌って欲しい。無理だな。エイトかkat-tunならアルバム曲でありえるかも(あくまでもイメージです)。

 

トータルして露出が増えたから追いかけるのが大変なんだけど、ゴリ押しで終わらないといいな。みんなの目指している嵐みたいになれるといいなと思う。