深く潜れ

君のReality 君のAbility

河合郁人、27歳、独身

先日しれっと、河合くんに落ちそうになってると書きました。

 

河合くんの最初のイメージって、モノマネ、笑い声がヘン、仕切る人くらいで、あんまりインパクトがなかったのだけど。歌い方もファッションも木村拓哉意識してるなぁ。他には公式ニックネームがフミキュンだなんて可愛すぎる、メンバー誰も呼ばないのにこれが公式なんだーって。

 

歌って踊ると格好良いのは河合くんに限った事ではないけれど、河合くんの場合はパブリックイメージとのギャップがなかなか大きいと思う。

脱ぎ担当でリーダーなのにシャワーゲイっ!(そっち系のポーズ)とかう○こを連呼したりとか発想が小学生だし、ポケモンブルーなんて発言した時にはアラサーなら食いつくに決まってる。まさかアイドルと小学生の頃の思い出を共有できるとは思わなかったよ。届くの遅かったよね、確か。

 

それから私が感じてる河合くんの魅力は、謎の親しみやすさ。例えば隣町に住んでいる、いとこの格好良いお兄ちゃんみたいな感じの微妙な距離感。伝わるかなこれ。

 

妄想入りますが↓

毎年お盆には祖父母の家で会ってたのに、ある年郁人兄ちゃんは来ていなくて、叔母さんに「あの子ったら彼女と会ってるのよ〜」と言われて密かに恋心を抱いていた事に気づくと同時に失恋したい。

もしくは彼女といるところに偶然鉢合わせて、照れながら彼女を紹介されて心の中で泣きたい。その後親戚の集まりでは何事もなかったかのように話しかけてくる郁人兄ちゃんを意識して少しぶっきらぼうに接してみたい。

そんなガラスの十代を経験してみたいだけの人生だった。実際フミキュン私より年下だけど。

 

実はlegendコンのDVDを見る前、河合くんのターンで笑っちゃったらどうしよ、と意味不明の心配をしていたのですが、序盤で脱ぎだすフミキュンに震え、はしソロ前振りからのフミキュンソロでもっていかれたのです。この人こわい。

その後ファウストで可愛い河合をみてしまい、さらにどハマりしそうに。シンガポールで歌舞伎が見たいと呟く今に至ります。