深く潜れ

君のReality 君のAbility

拝啓 安田章大さま

遅ればせながら、31歳のお誕生日おめでとうございます。

思い返せば2011年の24時間テレビからあなたの事を認識し、その後アルバムを聴きながら、「作詞 安田章大」「作曲 安田章大」に驚いたのがはじまりだったと思います。あなたとあなたの仲間に興味がわかなければ、間接的に橋本良亮という名前を聞くこともなく、その子に溺れて今こんなにオタクしていなかったと思います。どう責任取ってくれるんですか?

…嘘です。むしろ感謝したいくらいです。今は溺れていますがとても楽しいです。


アホの安田だの脳みその中お花畑だのと言われていましたが、私はあなたをそんな風に思ったことはありません。元々勉強は得意だったようですし、場の空気を読めて言葉選びが上手で、色とりどりの曲を生みだすあなたはとても頭の良い人だと思います。


女の子みたいに可愛い顔をすると思ったら、信じられないくらい男前なオーラをまとったり、表情豊かで活発。私は所詮茶の間で、積極的に追いかけることさえ今はやめてしまいましたが、やっぱりギターを弾いて歌うあなたが魅力的だと思っていて、これからもずっと応援していたいのです。

他に特別な子ができてしまったのであなたを担当と呼ぶことはないけれど、これからもずっと、変わらずあなたを好きでいると思います。こんな応援は要らないかもしれませんが、勝手に思っています。


以前トーキョーライブでぽろっと「いつか結婚したいし」と言っていたのを聞いて、いつか幸せな家庭を築いてほしいなぁと思いました。担当じゃないからこんなことを願えるのでしょうが、もしもあなたが大切なひとを見つけて一生添い遂げる覚悟をしたなら、その時は心から祝福できるのではないかと思うのです。


あなたとあなたの仲間の選ぶ未来が、幸福でありますように。