深く潜れ

Let me settle my mind boy

夫を担当するというライフハック

わたしの夫は時々ブログに登場する通り、ちょっとアホだけど優しい31歳。ジャニーズでいえば錦戸くんや安田くんと同い年だ。

共通の知り合いの紹介で知り合い、一年近い友達期間を経て付き合い、去年結婚した。わたしは結婚するまでずっと実家暮らしだったので、引越したばかりの頃は慣れない家事と他人と生活するという事にかなりのストレスを感じていた。わたしの実家での当たり前は当たり前ではなくなってしまったから。タオルやパジャマを取り替える頻度とか、何から何まで全部違う。当然だけれども、少しずつ生活習慣の違いを擦り合わせて他人から家族になっていくのだと思う。最初から平和でなくても、喧嘩したり話し合ったりしながら。

 

とはいえ、わたしの性格は頑固だし他人に合わせるのは苦手だ。まだ時々は喧嘩することもあるけれど、最近は夫をジャニーズで言うところの担当とすることでかなり上手くいっていると思う。

 

わたしの担当はA.B.C-Zの橋本くんだけれど、橋本くんをカワイイ格好良い好きと愛でるのと似たようなベクトルで夫を愛でることにしている。

ちょっとくらいビジュアルが気に入らなくてもそれで離れることはないし(こう書くとあれだがわたしは夫の顔はわりと好みだ)、ちょっとくらい漢字が書けなくてもいい。むしろ真面目な顔でとんちんかんなことを言う橋本くんは可愛い。これが一般人なら本当はイヤだけれど、橋本くんも夫も担当だから可愛い。と、いうことにしているのだ。疲れて帰ってきても、担当(夫)の為に美味しいご飯を作るのは苦でもなんでもなく、むしろ幸せ。いつもありがとうってちょっと言って貰えればいいのだ。担当だから、見返りは求めない。とはいえ、夫はアイドルではないので早く帰ってきた日は家事を手伝ってくれるし休みの日には一緒に出掛けたり出来る。最高の担当ではないか。

 

そんな夫は最近、KinKi Kidsの光一くんをテレビで見て「えーびーしーなんとかの赤の人に似てる」と言い出した。リニューアルしてから毎週えびちゃんずーを見るようになり、ようやくわたしの担当の顔を覚えたらしい。

最近はこんな感じです。