深く潜れ

Let me settle my mind boy

あなたを好きになっていいかな。

はてなからメールが届いた。一年前に投稿したブログを読み返してみませんか、というサービス。ちょうど一年前に初めて、このブログでA.B.C-Zについて触れた。

何となく恥ずかしいからリンクは貼らないけど、Mステで見たshowergateが素敵で、その後に見たMVがどれだけ良かったかが当時の言葉で記してあった。当時わたしは茶の間で、お気づきの方も多いかもしれないけれど伊野尾くんのことを誰かに話したいと思ってブログを始めたのだ。既に懐かしい。

あの時はこんなふうに、5人の中でひとりだけを特別に思うようになるとは思わなかった。箱推しなんて都合のいい言葉で誤魔化しながら、迷いながら、でもやっぱり好きになっちゃった、と覚悟を決めて橋本くんの担当になった。去年の7月15日のことだ。小さなケーキで彼の誕生日をお祝いして改めて好きだと自分に宣言した。

橋本担になって「楽しい」と思ったことはあった。好きな人を好きだと認めるだけで、どうしてこんなに清々しいのだろうと思った。だけれど、「担当してて良かった」と思ったことは今日まで一度もなかった。一体どこがそんなに好きなのかもわからないのに、毎日泣きそうな位心配して、それでも楽しみだった去年のソロコン。あの日彼に恋をして、同時に、冷たい手に触れられはしても温めてあげられないことが急に悲しくなった。その後もわたしは橋本くんのお姫様にはなりきれなかった。他に担当をしてみたい人を見つけてしまっても、やっぱりわたしは橋本くんが好きで可愛くて、彼ひとりしか担当はできないと思い止まった。あちらが温泉なら、ここは冷泉なのだと思っていた。今日までは。

 

帰りの電車で開いたメールには、Summer Paradise2016決定のお知らせ。「橋本良亮(A.B.C-Z)」の文字。一瞬だけ、本当に時間が止まったような気がした。何度も開いては閉じて、確かめた。ソロコンだ。嬉しい、良かった、おめでとう。泣きたくなったけれどなんとか耐えた。家に着く頃にはスキップしたい気分だった。でもこうしてポエミーなブログをしたためるうちにまた泣きそうになっている。情緒不安定か。さっきまでのラジオでのMCも、橋本くんは緊張していたみたいだけど安心して聴けたよ。楽しかった!

 

言い方は悪いけれど、去年はお試しのようなソロだったと思う。公演数だってセクゾの3人より少なくて映像化もなかった。今年は去年の倍以上の公演数がある。橋本くんの歌が、ダンスが、努力が、全部報われたような認められたような気がして嬉しい。腐らないで。まだまだこんなもんじゃないんでしょう、あなたは。そう信じていて良かった。

 

去年のソロコンの後は、どんどん格好良くなっていく橋本くんが眩しくて仕方なかった。今年はどんなステージを見せてくれるのだろう。2年目のソロを終えて、どんなふうに変わっていくのだろう。楽しみで仕方ない。

 

好きです。大好きです。

好きになって良かったです。橋本くんの担当になって良かった!すき!

おやすみなさい!