深く潜れ

Let me settle my mind boy

"僕があなたを狂わせてあげる"

コインロッカー・ベイビーズ、舞台と小説の雑感。今回はネタバレはほぼありません。

 

寝盗られ宗介の感想、書こう書こうと思ってたらそれどころじゃなくなってまとめられなくなってしまいました。残念な大人ですこんばんは。これからは「鉄は熱いうちに打て」精神ですぐに書き上げるようにしたいです、自担ごとだけでも。

 

 

橋本くんのソロコンサートの発表及び私のおめでとうポエム投稿からはや一週間。

私はまた橋本くんに泣かされることになった。

念のため断っておくが自担と男、自担とおばさんとのラブシーンが悲しくてではない。むしろひれ伏す。橋本くんの色気を引き出してくれてありがとう!痩せて一度なくなった色気、ちょっと戻った気がするよ。

 

原作を知らない人でも、前評判を聞いたらこの小説の舞台化がどれだけのプレッシャーのもと実行されたか想像がつくと思う。そんな舞台の主演に自担である橋本くんが選ばれた。河合くんも主演だけど私の中で舞台俳優としての河合くんは出来上がった人だと思っていたので、不安や心配みたいなものは感じていなかった。というか、自担と呼びながらも私は橋本くんのことがいまいちよくわからない。なんでもそれなりにできる器用貧乏な人なのかな、くらいに思っていた。例えば去年のソロコンサートだって歌に重きを置いているものだと思っていたのに、後日、本人の口から語られた言葉は「踊りまくりたかった」だった。

彼はとてもミステリアスだ。そんなところはハシに似ている。私は舞台が決まってから原作を読んだ。

最初に思ったのは「これ、どうやって実写で表現するの?」だった。エロやグロだけじゃなく、文章の持つ繊細な音のイメージを、登場人物の複雑な心情を、どうやって表現するのだろう。沢山の人が共感するような話ではなくて、最後まで読み切ることも難しいような物語だと思う。

その壁を、彼と彼らは余裕で飛び越えてきた。圧倒的な存在感を見せつけたROLLYさんを始めとするキャストの皆さん、河合くんと、橋本くん。原作を読んで、どう解釈したのだろう。どう表現するのだろうとわくわくしていたら。橋本くんの演じるハシが、ハシの歌が声が、私の心をぎゅっと掴んで離さない。ここは、冷泉なんかではなかったのだ。こんなふうに不安と期待をはるかに飛び越えて、素敵な景色を見せてくれる。

 

ありがとう、橋本くん。好きになってよかった。

 

 

次は感想書きます。有言実行!