深く潜れ

Let me settle my mind boy

乙女心と服の色

先週、久しぶりに洋服を買ったんですよ。独身の頃なんかは服を買うのが趣味みたいなところがあって(靴や小物も)、今の夫と結婚する前はほぼ毎回違う洋服を着てるくらいの勢いでした。引っ越しを期に沢山処分して、今の気分に合うものをちょっとだけ持つスタイルに変わりました。三十路手前になって、数年前は似合っていたものがなんだか若作りに見えてきたっていうのもあります。歳を取るって大変ですね。そんな感じなので、先々週、結婚記念日のランチに出かけた時は、去年と同じワンピースを着たんですよ。これが便利で真夏以外のお出かけではよく着ています。写真撮ってもらう事もあるけど結構な確率で着てます。選ぶ必要がないから楽なんです。

今年は夏にコンサートがあるし何度か行きたいなと思っているので、洋服を新調しようと思っていたわけです。去年のサマパラに着ていった服は、まだまだお気に入りだけど自分の中で却下。もちろん橋本くんは覚えてないどころか私の服なんて見てもいないんだからなんでもいいんだけど、なんとなく。

そんな気持ちで買い物をするのは独身の頃みたいでなんだか新鮮で楽しい。問題は色だけだ。自己診断ブルベの自分に似合うのは、淡くくすんだ色だけど、ともすれば他メン担当に見えてしまう。ピンクや紫は淡くなってもピンクや紫だけど、淡い赤はただのピンクだ。そもそも、担当カラーの洋服っていうのもなんだか恥ずかしいからまず選択肢にはない。ネイルや小物で赤を取り入れるのは好きです。

5人以上のグループでは必ずと言っていいほどメンカラー緑の人がいるけど、A.B.C-Zには緑担当はいない。緑系の服を着ていればカメレオンになれるはずだ。バックにつくジュニアによっては緑担当の子もいるけど、ミントカラーなら大丈夫だろう。

しかし流行ではないのか、探し方が悪いのかミントカラーの服は中々ない。選択肢はせいぜいピンク、水色、白、時々ラベンダーやレモン色程度だ。白いトップスは何着か持っているのであまり買う意味がない。黒やネイビーも素材によっては似合わない事もないけれど、正直暑い。今年は猛暑の予報なので少しでも涼しげにしたい。

その日は結局、元々目をつけていたスカートと、目にとまったワンピースが試着すると着痩せして見えて良かったので計2着購入した。久しぶりにときめく洋服が買えて満足だった。あとはこのふたつに合う、歩きやすいサンダルとトップスがほしい。

 

ぶっちゃけ、センテンスプリング(検索避けのつもり)直後はクローゼットにかけたその2着を見てもときめきも何もなかったですけどね〜〜。

好きなんですよ。ダメだしばっかりでみなさんみたいにラブレター書きたいのにかけないのに。橋本くんの演じるハシが大好きで、ハシを演じる橋本くんが大好きなんですよ。

出来るならずっと終わらないでほしいくらい、満足度の高い舞台を見せて貰いました。上手くやれるのかなって心配した自分が恥ずかしいくらい良かったんですよ。いくらよくても、市場三郎を見た後でそれを超えるくらい良いものになると、自分の中でも思っていなくて驚きました。それだけで十分じゃないかって思いました。

 

最後にゲスいツイート貼っておいてもいいですか?ダメって言われてもわたしのブログなので勝手に貼ります。(何故聞いた)

 

 

これに尽きる。。