深く潜れ

Let me settle my mind boy

昨日のあなたが偽だと言うなら。

塚田担になりたいと思ったことが何度かある。

 

私が担当と呼ぶまでに好きになった人は思ったよりも子供で、かまってちゃんで、ちょっとでも興味があればソロコンサートに来てほしいとうったえた上で突き放すようなことを平気で伝えてくる人だった。*1

国民の義務にしそんはんえいが含まれる*2とは教わらなかったけれど、歳が同じなだけでも親しみが持てる人。いつも笑顔でいる人。全力でアイドルしてくれる人。

2015年、「アウトなジャニーズ」として塚田バブルが始まった。私が担当じゃないから好意的に捉えられるのかもしれないけれど、ドルオタというキャラ付けも悪くないと思っていた。以前番組で共演した、NMBと結婚したいという芸人(?うろ覚え)に対して真剣な表情で「手を出したら許さない」「自分は応援するだけでいい。アイドルに会いたいとは思わない」と言った時の表情は本気だった。と思う。

好きなものは好き、公私混同はしない。私の理想のアイドル像が見えたような気がする。生まれ変わったら塚田担になりたいと思った瞬間だ。

 

比べてしまって申し訳ない。

私の中にはゆるぎない「塚ちゃん像」があって、多分それは他の人が見てもいつでもどこでも「塚ちゃん」でいてくれる絶対的な自信があったのだと思う。何の根拠もないけど。だからショックだったんだろうな。

橋本くんの記事が出たときは、ただただあきれてしまった。作詞や普段の振る舞いに女の影を薄々感じていたせいだと思う。*3

 

spring622.hatenablog.com

 どこが好きかなんて語れないと言いながらも苦言を呈すのは得意で、自分の性格が嫌になる。

つい最近、ある伊野尾担の方のブログを読んで気づいたことがあって。

私はいい歳の大人だし結婚してるしスマートなオタク生活を送りたいし、自担にリア恋みたいで恥ずかしいからと分別のあるふうを装っていただけなのだ。本当はすごく落ち込んだし、泣き喚きたかったのかもしれない。

こんなに応援してるのに!大好きなのになんで!!誰かのものにならないでよ~~~。゜゜(´□`。)°゜。ワーン!!

甘酸っぱくて、期待して裏切られて、思いがけず喜んで、という初恋みたいな初めの頃の気持ち、すっかり忘れていた。思い出させてくれてありがとうございます。

 

でも、言いたいことははっきり言わせてもらうからね!

 

塚ちゃんがドルオタの一般人に気に入られて、うまくいけばキスマイのシャララ狩りの時みたいにA.B.C-ZのCD買ってくれるようになる未来もあったかもしれないじゃん?2番煎じと言われようがなりふり構っていられる状況じゃないからね。ドルオタ敵にまわしちゃったからもう無理だね。

テレビ的にもドルオタキャラとしてはもう使いづらいだろうし、反省して一皮むけることを期待しているよ。好きだから。

 

 

*1:ウェブの「クラスのアイドルどまりでいたかった」という言葉

*2:エビちゃんずー学力テスト会参照

*3:現場続きの今、自分の目で見た橋本くんが全てでいいやと思えたので、これに関してはすでに消化している。