読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

深く潜れ

君だけだよ

お前だけやで

自担の橋本くんが年男を迎える年だから、絶対に行きたいと思ったカウコンに当選した。橋本くんのソロとA.B.C-Z以外のコンサートは初めてで、そもそも自宅以外の場所で年を越すのも初めて。浮かれポンチ野郎なわたしは完全に油断していた。橋本くんと同じ空間で年越しできることしか頭にはなかったのに、すでになうぇすと横アリのチケットは手元にあった2016年12月。

テレビでずっと見ていたカウコン。豪華すぎるステージの前に、放送には乗らないが若手グループの出番がある。開演早々モニターに「ジャニーズWEST」の文字が映った時、思わず絶叫していた。何となく予想はしていたが、自担の事で頭が一杯だったおかげで心の準備ができていないままだった。センステから登場した7人のシルエットから、好きな人のことを見つけるのに少し時間がかかった。ていうかジャニーズWESTみんな背が高くてスタイルがいい。遠いし初めてのカウコンだから全体をよく見ようと思っていたのに、気づいたら目で追っているのは濵田さんだった。始まって間もないのに、すでに胸が苦しい。濵田さんのせいで。


いつからかグローブ座巨大看板出の市場三郎担だったわたしは居なくなっていた。その代わりにどんどんリア恋を拗らせていたわけだけれど、不思議と担降りは考えたことがなかった。揺るぎなく橋本担でA.B.C-Zが大好きだし大きくなってほしい。その一方で自担と自担Gの将来に希望が持てず、深追いしない立場からすると順調でしかない・嫌味な押し方も感じないジャニーズWESTはとても魅力的でキラキラして羨ましかった。きっと担当になったらなったで楽しいだろうけれど、担当じゃないからこそ別のコンテンツとして楽しめている部分もあると思う。わたしは橋本くんが間違っていると思ったら指摘して直してもらいたいし、それがグループの為になると思っている。そういう不完全さも含めて好きになって応援しているのだ。


多分、濵田さんの担当になったら冷める。冷めて今のように何をしても格好良い・好きとは言えなくなってしまう。いつまでも好きになりたての時のような気持ちを持ち続けていたいのだ。我ながらたちが悪いと思う。


そんなわけで(どんなわけだ)なうぇすと横アリには好きな人に会いに行く気持ちで行ってきた。遠くから見つめるだけで良かったのにまさかのセンター席を引いて面食らったわたしは予定より早いが年末に美容院の予約をし、思いつきで前日の夜に紫色のマニキュアを塗った。自担現場の時とはちょっと違うときめきで満たされて帰ってきた。公演後に会ったお友達には腑抜けになったところを見せてしまって少し恥ずかしいが同じジャニオタなので気持ちはわかってくれると思う。まずはCDTVのワンチャンスを見てほしい(私信)。


次は拗らせオタクのなうぇすと鑑賞記の予定です。