深く潜れ

Let me settle my mind boy

担当辞めてました

本当はオタ卒するか他に担当と呼べる人が出来てから再開する予定だったのですが、自分の中で気持ちに一区切りついたのでここに記録することにしました。


5月21日、写真集「五つ星」の発売イベントをもって橋本良亮くんの担当を辞めました。よくある担降りブログみたいなポエムも綺麗事もなしです。苦情は受け付けません。

気持ちが冷めているときに限ってイベントには当選するし、まぁ近そうな席だし、おまけにハイタッチまであるということで、あっさり気持ちが戻ったらそれはそれで良いかもしれないと思って臨んだイベント。写真集のメイキング映像も、目の前にいた橋本くんも、私がとても好きだった橋本くんでした。運動会の時みたいに「もう見ていられない」とは思いませんでしたが、そこにいるのは私の好きな人では無くて好きだった人だったのです。過去形になってしまいました。2月のお渡し会ぶりにちゃんと見る橋本くん。戸塚くん。河合くん。塚田くん。五関くん。5部入れ替え制の1部で疲れる前だったせいだけでなく、みんなキラキラして格好良くて、やっぱり好きだなと思いました。でも、これからは好きだけの気持ちでいたいなと思い、担当と呼ぶことはもうしないと決めました。


正直、疲れてしまったんです。好きだからこそ夢を叶えてほしくて、ファンを増やすために髪ちゃんとセットしてとかブログ更新してとか小言が多くなって。1位をとって喜んでる顔が見たくて同じCDを何枚も買ったはずなのに、大して数字が伸びないことに辟易してしまって。頼まれた訳じゃなく自分が行きたくて行った現場なのにやっぱり接触イベントは嫌だと思ったり。

オタク疲れ真っ只中にとどめをさしたのが、あの不自然な差し歯でした。この人は2年前から何も変わっていなかったと悲しくなり目を逸らしました。東京ドームのスタンドから1番に見つけたはずなのに、出番がきても見ていられなくて、とうとうショータイムでは橋本くんが歌っている最中だというのに団扇を降ろしてしまいました。人相が変わるほど痩せ細っても、ダサい女と撮られても、ソロコンで可愛いオタクにベタベタしても、それでも応援してきた意地があったし一途な自分でいたかった。あの時すでに気持ちは離れていたのに認められなくて、担当休業というかたちをとっていました。


これからも興味がある現場には行くつもりですか、接触イベントに参加するのはあれで最後だと思います。最後にありがとうとバイバイとまたねを言えたことは、よかったのか悪かったのかわからないけれど、気持ちに区切りをつけるいい機会を貰えたんだと思うことにします。現役で担当しててイベントに当たらなかった人が読んだら気分を害されるかもしれないけれど最初に宣言したので苦情は受け付けません。私だって写真集を2冊買って切手を買って応募して当選したので。


ありがとう。大好きだったよ。

でも去年のソロコンオーラスの花言葉だけは一生許さないからな!!!!!